ハンセン銀行

 

ハンセン銀行は、HSBC銀行の子会社だ。

香港の銀行の中では、「現物ゴールド」を購入できる銀行になる。

金貨

 

 

 

 

 

金バー

 

 

 

 

 

 

【ハンセン銀行の概要】     HomePage: http://bank.hangseng.com/1/2/home

1933年から営業を開始した歴史ある銀行。かつては香港最大の華人系の銀行だった。

1960年代の取り付け騒ぎで、倒産危機に陥りHSBCのグループ企業となったわけだ。

キャッシュカードはHSBC香港のATMでも利用でき、HSBCと同様に、インターンネットバンキングが可能。

香港内ではほぼどこのMTR(地下鉄)の駅にも必ずといっていいほど恒生銀行のATMがありいつでも利用可能だ。

恒生銀行は、HSBCグループのリテール部門としての役割を担っている。
HSBC香港ではペーパーゴールドの売買しかできない。

 

な、なななんと  金(ゴールドコイン)の現物売買ができることが魅力的だといわれる一番の要素だ。

 

香港の株式市場の数字を表すハンセン指数、聞いたことあるだろう

その名の通り、ハンセン(恒生)銀行と関係がある。

傘下のハンセン指数サービス(HSIサービス、恒生服務有限公司)により算出されているから、ハンセン指数といわれているのだ。

 

ハンセン銀行の口座種類も、3つだ。

 

〇プレステージバンキング

〇プリファードバンキング

〇インテグレイテッドバンキング

 

ハンセン銀行の特徴

■ 為替レートがHSBCより良い(なぜだか・・)

■ 香港の株式、投資信託などの取扱数が豊富(確かに多いみたいだな)

■ アジア各国の株式・投資信託商品を購入することができる(他銀行と比較するのもいいかもね)

■ インターネットバンキングが使える

 

こちらもHSBC銀行・スタチャン同様の必要書類だ。

 

必要なもの(香港渡航は必須である)

・パスポート

・国際運転免許証

・入国スリップ(香港に入国する時にもらう白いちっちゃい紙)

 

パスポート

国際運転免許証

 

 

使いやすいのは、やっぱHSBCなんだけど、金の購入をしっかり考えている場合はこっちもいいかもしれない。