こんばんは、トラオです。
2018年1月から本格的に、積立NISAなるものがスタートしているようですね。

「少額投資非課税制度」ですね。今すでにあるNISA(非課税枠が年間120万円)との併用はできないのですが、年間40万円を限度に非課税枠が設定されていて20年間運用ができるとのことです。

その範囲内であれば、税金が一切かからないのですごくお得なのはお得のはずなのですが、口座開設の受付状況が全然よくないようです。

なぜなのでしょうね?

choice-2692466_1280

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは簡単なのですが、金融機関が全然儲からないからです。
積立NISAの対象である投資信託は、「ノーロード」と呼ばれる購入時の手数料を取らないものしか認められていません。更に信託報酬率もかなり低率じゃないといけません。

金融機関からすれば、購入時の手数料も、投資信託報酬も非常に大きな収入源の1つですが、その2つともが全然入ってこないのであれば、非常に非効率でやってられませんというのが金融機関の本音でしょうね。

ただ、金融庁には表上だけでも、頑張って積立NISAを広めていきます!!という意気込みを見せないとなりません。もちろん顧客の立場にたって積立NISAを広めていけば、長く広い目でみると金融業界を盛り上げられるチャンスでもあるとは思いますが、それでも力を入れられていないのが現状なのではないでしょうかね。

ただ、年間40万円しか非課税枠がないわけですから、それ以上の積立をする場合には当然課税されるわけですね。
投資をしたことがない人が、手軽に始められるように金融庁が始めたサービスに他なりませんね。

ただ、海外にはもっと良いものがゴロゴロしているのが事実です。