この日本内では、保険にも大きく分けて「学資保険」・「終身保険」・「年金保険」などがありますね。

 

最近にかぎったことではありませんが、日本では国債が0.〇%の利回りで、定期預金金利も0.〇%です。

 

日本の保険会社や金融機関は、国から国債を大量に購入させられ、

保険会社や証券会社の商品も、裏では日本の国債で運用商品を作っているようなカラクリも存在します。

 

みんな喉から手が出るほどほしい、良い保険。良い投資商品。

みんな日本国内では泣いています。

お金をただ置いてても増えないよりは何かして少しでも特になるならと願いを込めて、日本製の商品を購入します。

20150905001144

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の学資保険を買った人も全然増えないので、それが当たり前となり、いつしか学資保険を死亡保障のように考えてしまう説があります。

 

日本の学資保険は、もし保険料の支払い期間中に親がなくなっても、残りの保険料は免除され学資金として子供が受け取りをできるものがあります。

それを学資保険だと認識し、増えるものではないというのが常識化しつつあります。

 

保険や投資商品を購入するのであれば、増えないと基本的に意味がありません。

自分が死んだときに貰える保険であれば、生命保険を買うべきです。

その生命保険だって、命と引き換えに家族がもらえるものなので、額は多ければ多いにこしたことはありません。

 

知っている人は知っている、知らない人は知らない世界ですが、

海外には日本国内にはないすごい投資商品がたくさんあります。

 

利回りも日本と比べ物にならないほど良いです。

そして、日本に住んでいる人でも購入ができるものもあります。

 

日本国内で宣伝は法律上してはいけませんので、皆さん会社名も商品名も知らないのが当たり前ですが、知らないからといってもすごい良いものが存在します。

c93fcbe153b7c7c40f88c128e5d6a509_c2a12991ec446730342ce22eca5bc747

 

 

 

 

 

 

 

会社を聞いたことがないから信用できないは、無知なだけです。

知らない=信用できない になりがちですが、知ると100年以上も存在する会社であったり、日本の保険会社よりも、よっぽど規模が大きかったり格付が高かったりするものもたくさんあるので、逆に日本の会社よりも信頼度が高いと言えます。

 

知ってチャンスに変えるべきなのです。

 

トラオはそんな希望を持った投資家へ少しもの情報共有ができればと思います。

 

 

トラオへの相談はこちら