思うままに、一筆書きで書きます。

 

日本人の金融リテラシーは外国人からみると、すごく低いと思われます。

香港では、仕事をしている人はみな投資信託をしており、

自分でファンドの選択やスイッチング指示を出しております。

それが、香港の年金と呼ばれるMPFです。

 

日本人は、投資をしたことがない人もまだまだ山ほどいるわけです。

小学生で、株式の売買やお金を増やすためには等の勉強をする風習はありませんが、海外にはそれが当たり前のようにあるわけです。

 

それだもの意識は違い、投資や良い話は積極的に前傾姿勢で聞きますが、

日本では、お金が増える、お金を増やす話をする人は、悪いことをしてお金を稼ぐ?みたいなレッテルや見えない潜在意識を抱えているのではと思います。

 

更に、お金にまつわる詐欺も多く、メディアでも取り上げ、いかに自分が知らない投資話や儲け話が怪しいというメディア操作によって植え付けられていきます。

 

そうすると、日本に企業で知っているところから安全に増えないけど、積立をしよう、保険を買おう、保全しようとなるわけですね。

 

自分の人生はたった一度しかありません。

失った時間は二度と戻ってきません。自分の人生ですから後悔しない決断と生活を送っていければいいのではないでしょうか?

 

そのためにも、海外に目を向け世界を知り、世界と精通している自分自身を作り、確立し、本当に安全に資産を増やすことができるのであれば、それが一番です。

 

投資の中にも、投機的な投資もあれば、投資と呼べる商品も様々です。

 

自分に合ったものを探すには、いつまでにいくらの資金が必要なのか、逆算してみるとどうしなければいけないのかが見えてきます。

 

学資金を子供が何歳までに貯めるには、あと何年ありどうすればいいのか?

年金を貯めて安心な楽しい老後をおくるためにはどうすればいいのか?

 

 

きちんと考える必要があります。

 

トラオはある程度考えたうえで、海外商品を活用すると、

その実現性が高いところに魅かれています。

 

安全性が高くてリターンが多いのであれば、それは自分の目標に届く、いやそれ以上をいける可能性が広がっているんですよね。

 

サンライフ社・RL360社・インベスターズトラスト社、この3点に絞ったとしてもバランスの良いポートフォリオは組めるはずです。

 

トラオへの相談はこちら