日本のマイナス金利政策が発表された。

着々とその階段を登っているような気がする。

この計画は、ずっと前から決まっていたことなのだろう。

お金が日本から離れないように、15年かけて積み上げてきたものが白紙にならないように対策として

マイナス金利を発表した。

目を覚ませ

 

 

 

 

 

 

マイナス金利の発表により、円安を維持することができているのは

日本政府の狙いである。円安トレンドじゃないと日本の計画は水の泡になってしまう。

 

トラオの予想だと、ドル/円は、130円は目指すだろうな。

いついくことができるであろうか。

目を覚まさないと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラオと同じく、日本に住んでいて

日本円で稼いでいる人は、速やかに海外へ資産移転させたほうがいいだろう。

 

年金制度は、あと何年もつことか。

いつ崩壊してもおかしくはない。

トラオが年金をもらえる年代になった時には、本当にもらえないであろう。

 

 

海外のオフショア商品である、

 

ロイヤルロンドン(RL360)のクオンタムや

インベスターズトラスト社のS&P 商品は、本当に便利だ。

やるしかねえだろ

 

 

 

 

 

 

 

クレジットカードを使って、海外に資産形成、資産移転をすることができるなんていうのは、

トラオ的に、利用しない手はない。

 

日本は、いつ預金封鎖するかもわからない。

国家のリスク(カントリーリスク)に備えないと、

第6の時代はもう始まっている。

 

資産管理も、自分の命も、全ては自分自身で守る時代だ。

 

 

目を覚ませ、日本人よ。