ちらほらマイナンバーが届き始めている。

さあ、あなたは自分の資産をどう管理する?

マイナンバーは、日本居住者であれば、必ず届き、管理されてしまう。

税金の高い日本では、かなりの痛手となるであろうが、そもそも日本に住んでいる以上、それは免れない。

 

資産管理

 

 

 

 

 

 

 

 

マイナンバーは、ちらほら届き始めているが、年齢的に死が近い層から先に送っていることが予想される。

周りを見ていても、あまり若い人から届いているというものはなく、60歳以上の人から届いている。

 

先に死なれる前に、資産を管理しておかなければ。ということなんだろうな。。。

嫌な話だ。

いっぱいほしい

 

 

 

 

 

 

 

 

マイナンバーは、国内財産が正確に把握され、金融所得の課税が一体化し、総合課税が導入される可能性が高いのだ。

 

自分の資産を国によって把握され、管理されてしまう時代ということだ。

様々なものに紐づけされ、そのインフラ自体が整備されていき、ガッチガチに固めら、税金として摂取されていく。

 

 

 

そんな中、海外に資産形成をしている我々の資産はどうなるのであろうか?

詳しい見解は、専門家である税理士などに相談されるべきであるが、

 

海外に資産形成は、さらに必要となるであろう。

資産フライト

 

 

 

 

利回りの低い日本内で変わらず投資をしていても、手数料高、利回り低い、資産が増えない。

極めつけが、税金が高い。

 

 

税金が高いことは、変えられない。

ただし、手数料安、利回り高い、資産が増える。ということは変えられるのだ。

 

税金は取られたとしても、海外で運用したほうが結果的に良い成果を生み出せるのだ。

 

海外資産管理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ間に合う。

真剣に早く考えないと、「あーーやっときゃよかった」では後の祭りだ。

 

方法なら知っている。