自民党が内閣部会の合同会議で、法案を了承した。

金融機関で10年間放置された「休眠預金」を預金保険機構に移し、生活に困っている人を支援する目的で

NPO法人などに、貸付、助成金として使うようだ。これって、、、

いくら10年間休眠として使っていないお金だとしても、そのお金を国が使える様にするっていうのは、、、

賛否両論がでることだと思うが、自分の資産がそうなるとしたら、真っ先に阻止するだろう。

 

簡単に言ってしまえば、一般の国民資産を国のものとする。言い換えるとそういうことになる。

休眠預金は、毎年500億円ほど発生しているそうだ。

休眠口座

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

預金者が、払い戻しを要求すれば、元本と利子に値する額を返金する仕組みも盛り込むようだ。

 

確かに、払い戻しを求めなければ眠っている資産だ。

それを生き金にして、有効的に活用して日本経済の支えにしようというものだ。

払い戻し要求をしないのであれば、それに意義はないということになってしまう。

 

休眠預金は、毎年500億円にもなっている。

この実態をみると、自分の資産を管理できていない。

どのようにして休眠預金になっているのか。

ひえー

 

 

 

 

 

 

 

年間1350万口座が休眠になっている。

銀行側からしてみれば、反対意見が出るだろう。

休眠口座は最低限の税金を引かれて、最終的には銀行の利益になっていくからだ。

 

国にお金を寄付する形にするのか、銀行の利益にさせるのか、

 

はたまた、自分で自分のお金を守るのか。

 

 

これからの時代は、本当に自分の資産は自分で守っていくことが鉄則だ。

10年間手をつけていないようなお金を金融機関に置いてある人は、今すぐ動きだし

自分の資産を守るのだ。