貯金したいと思っても、なかなかできない人って必ずいる。

トラオもその一人だったかもしれない。

そんな人は、「積立」しかない。これは貯金をしたくてもできない人にもとても効率的だ。

貯金出来ない人は、毎月一定額をクレジットカードから天引きをして、

必ず払わなければならない支出として考える事が大事だ。

階段

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすれば、使っちゃってお金が貯まらないなんていうことはない。いやでも貯まるというか、

海外で運用されていく。

マネー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが結果として、「吉」とでることが予想できる。

 

そのようにして、貯金ができない人は

そうやって運用していける商品を利用して、コツコツと「積立」をしていく人が多い。

時間を有効に使って積立を行うことは、すでに基本だ。

 

まず、積立が自分の資産のポートフォリオに入っていない場合には、取り入れた方が自分の為になる。

 

貯金が出来る人も、ただ自分の日本の口座に預金をしていくよりも、

タンスにお金をしまうようなタンス貯金よりも、よっぽど有効的にお金を活用していける。

タンス貯金

 

 

 

 

 

 

 

 

積立を行う場合には、自分の資産をしっかり把握し、計画的に

毎月いくら積み立てたら何年後にはいくらの元本になるということを計算した上で、

無理のない金額でした方が良い。

ただ、原資は大きい方がリターンも大きくなるので

無理がなければ、毎月の積立額も多いに越したことはない。

コツコツ

 

 

 

 

 

 

 

 

積み重ねは力なり。

何事もそうだ。

旅行も、言葉の勉強も、仕事のスキルも、積み立ててコツコツと続けていくことが自分への大きな力へと変わっていく。

 

コツコツと諦めず、地道に努力をしていくことをいつの時代も忘れてはならない。