日本の法律がわかった。

結論から始めにいうと、海外の投資商品は契約しても良い。 ということだ。

 

めちゃくちゃ調べて、勉強をしてて思ったこと。

海外の投資は違法、やばい…、詐欺、、の話しがいっぱい…。

あのIFAがどうした、こうしたー。足の引っ張り合いのように見える。俺みたいな凡人から見るとなんだか低俗(失礼!)、

 

でもなんだかそう見える。

 

 

海外投資でだまされた詐欺事件などなど、たくさん出てくる出てくる…。

性格的に、どんな根拠があるのかどうなのか、日本のやからに多い”だまされた”。

自分のミスで失敗してだまされたのではないのか?と思ったり、同じように騙されても嫌だからね、少し調べてみたのだ。

 

俺がかなり調べたから、もう調べようがないくらいだと思うよ。

 

やっぱりさ、

自分で納得をしてからじゃないと始まらない主義なんでね。

 

 

海外投資は違法かどうか →  違法ではない

自分の意思で海外に情報を求めて申込み等はできるようだ。

ややこしいのが、日本の法律だ。

当然日本に住んでいるから、日本の法律違反を犯して罰せられるなんてことはごめんだ。

だから調べるよ。

 

調べてみたら、ややこしくわかりにくいように法律を書いているわけだ。

それが狙いなんだろうけど、簡単に書けるほうが文章の力もいるし、その方が国民の為だと思うけど…偉い法律家の先生がいたら、そんなことをお願いしたい。時間がかかってしゃーない。

 

本題に入る。

 

ちょっと目の保養~。
ちょっと目の保養~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本国内で、海外の投資商品など売るには日本の金融庁の許可がいるようだ。

なるほどね。

 

つまり、勝手に海外に行って、投資商品などのリスクを承知の上で買えば、個人の勝手でOK。

単純なことなのに、いろんなサイトにはややこしく色々書いてあるけど、まとめるとそんなもんらしい。

 

日本は規制をしているから、いろんな良い商品は日本には入ってきていないらしいけど、

これもこの金融法、保険業法というものがあって障害になっているらしい。

 

ちょっとだけ(難しいから)読んでみると、日本の銀行とか保険会社を外資系から守って、規制を引いたり色々してるわけだわなー。

 

ということは、良い金融商品は永久に国内に入ってこない?もし入ってきたら日本の銀行や保険会社潰れちゃうからなのかな。

 

年金も十分じゃないのに、それもダメだったら、一般庶民はどうすればいいのか。

 

そこで俺は気がついて今回に至るわけだ。

 

 

日本に情報も商品もないなら、自分から探しにいけばいいんだ。