勉強をしてて思ったこと、海外の投資は違法、やばい…などなどの話しがいっぱい…。

あのIFAがどうした、こうしたー。足の引っ張り合いのように見える。一般人から見るとなんだか低俗(失礼!)、でもそう見える。

 

海外投資でだまされた詐欺事件などなど、たくさん出てくる出てくる…。

性格的に、本当にその根拠があるのかどうなのか、日本のやからに多い”だまされた”。

自分のミスで失敗してだまされたのではないのかーと思ったり、ねちっこい部分があるので少し調べてみた。

 

自分で納得をしてからじゃないと始まらない主義なんでね。

 

 

その1 海外投資は違法かどうか → 違法ではない

自分から、申込んで手続きを海外で行う等は勝手らしい。ややこしいのが、金融法という日本の法律。なんでこう、法律は難しいことを難しく書くんかね。それが手口なんだろうけど。。。簡単に書けるほうが文章の力もいるし、その方が国民の為だと思うけど…偉い法律家の先生がいたら、そんなことをお願いしたい。時間の無駄。

本題…。日本国内で、そういう投資商品など売るには金融庁の許可がいる。なるほどね。つまり、勝手に海外に行って、投資商品などのリスクを承知の上で買えば、個人の勝手でOK。単純なことなのに、いろんなサイトにはややこしく色々書いてあるけど、まとめるとそんなもんらしい。日本は規制をしているから、いろんな良い商品は日本には入ってきていないらしいけど、これもこの金融法、保険業法というものがあって障害になっているらしい。ちょとだけ(難しいから)読んでみると、日本の銀行とか保険会社を外資から守って、規制を引いたり色々してるわけだわなー。ということは、良い金融商品は永久に国内に入ってこない?年金も十分じゃないのに、それもダメだったら、一般庶民はどうすればいいのか、日本のえらーいお役人とか大臣に聞いてみたい、税金どろぼー!

その2 IFAて何?

IFAはIndependent Financial Adviser の頭文で、独立したファイナンシャルアドバイザーとのこと。日本国内では、政府等に認められた資格でもないらしい。でも、見ると出てくる、でてくる。IFAの〇〇です!と。まあ、名乗るのは勝手ということらしい。紛らわしい。よく何の資格も取ってないのに名乗れるの~!で、香港のIFAには正式に資格があるとのこと。

証券…香港証券先物委員会(SFC)

保険…香港保険顧問協会(CIB)   香港保険業協会(PIBA)

上記の機関で登録された会社、または個人の方であれば正式なIFAだとのこと。

さすが香港、金融のインフラが整ってますなー。SFCのページでこれらの資格がある・なしの検索できる画面を発見。ありがとう!Google翻訳!

http://www.sfc.hk/publicregWeb?locale=en

香港ねー、東京を置いて世界金融都市の一角を占めるだけの理由はあるらしい。飲茶を食べに行くベさー?笑