位置
グレート・ブリテン島とアイルランド島の間に位置するアイリッシュ海にある島
簡単にいうと、イギリスと北アイルランドの真ん中にある海に浮かぶ島。

 

リアルなマン島

リアルなマン島

 

位置的にはここ!

 

 

歴史
複数の国の間で統治権が移動する複雑な歴史を持っていて、周辺の島やイングランド・アイルランドとも異なる独自の文化を築いてきた。
1504年以降、マン島領主を名乗るイングランド貴族が代々統治してきた。
1786円、マン島購入法成立によって王室がマン島の支配権を購入。
それ以降、主権国家ではない為イギリス連邦の加盟国ではないのでイギリスではないが
自治権をもったイギリスの王室属領だ。

現在は、自治権をもった王室属領のイギリスの特別領域として扱われている。

 

国旗

国旗

 

 

 

 

マーク

 

 

 

 

 

 

人口
約86,000人(ケイマン諸島は約5万人)

 

通貨
マンクス・ポンド(イギリスポンドも問題なく使える)
マン島は、オフショア金融センターとして国際的な資産運用の中心地で、65以上のオフショア銀行が積極的な活動を行っている。
銀行業、保険業、信託業、会社登記、E-コマース、海運登記など様々な分野において最高のサービスを提供しており、
通信設備などのインフラについても、最新の技術が島に導入されているようだ。
マン島の金融業界の中でも、銀行としての機能は、この島のGDPの45%を占めと言われている。(半分くらいも占めている)
マン島の非居住者は税優遇され、預金金利収入、キャピタルゲインズ税、相続税はなし!

なしなのだ。

 

大きさは1周60km程度で、イギリスのロンドンから飛行機で約1時間15分の位置にある。
マン島には、世界最古の評議会としてのいわれがあり、

 

1,000年にも及ぶ長い歴史を誇る議会制度で、長年の政治的安定を維持してきた。
この長年にわたる政治的、経済的安定性が、マン島が世界中から一流のオフショア金融センターとして認められ、

且つ世界の金融場所として利用される大きな基盤となっている。

 

 

 

マン島最大の特徴

 

税制の優遇措置がある香港と同じタックスヘイブンであり、

数あるオフショア金融センターの中でも、唯一「法定補償スキーム」が制定されている優れた環境下に置かれた島である。

 

 

つまり、

マン島に設立された金融機関が万が一倒産しても、その顧客に対してマン島政府が、資産の最大90%までを保障するとのことだ。

一方では、個人情報の秘匿性でも信頼度が高く、マン島の取引は非公開のため、法的措置がない限り税務当局を含む第三者に個人情報を公開することは一切ないとのことだ。

 

 

 

マン島の伝統的な産業

オートバイレース・マン島TTレースが盛んであり見どころだ。
世界でもっとも歴史の長いオートバイレースで、島の公道を使って一周60kmを走る。

 

バイクレースだ!

 

マン島にも一度行ってみたいものだな~。