なぜ必要だと思う?

銀行口座もまた、日本と海外では全く概念が違う。つまり、実用的にできることが全然違うのだ。

だけど、2015年度もまた銀行口座開設が非常に難しくなってきているようだ。だから尚更焦って早く作らないと!とこぞって現地に足を運ぶわけだ。

その真相とは

噂の真相

 

 

 

 

 

 

日本人を含め、世界中の人がこぞって海外口座を作ろうとする様々な理由がある。

 

大きなククリで表現すると

 

 

 

リスクを分散することができる

 

かみなりバーン!

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の危機的な状況は、別ページでうざいほど述べているので自分の母国である日本がどんな状態にあるのかは

日本人として把握しておく必要が当然ある。

 

 

 

ハイパーインフレ対策⇒日本の外で外貨を保有する

日本はデフレ脱却をしようと必死で、円安が進みインフレ傾向にある。

これから予想されるのは、物価の上昇である。それがまさに「インフレ」だ。

 

円安が進んでいるいうことは、円の価値が世界的に下がっていることになり、それがひどくなれば円の暴落となる。

そうなると、物価はどんどん上昇し、ハイパーインフレが起きるということだ。 どうなるのかはわからないが、起らないとは決して言えない。

だからこそ、普段使用している円だけ持っていることは本当に危険で常に為替を頭に入れ

事前に対策をする必要があるということだ。 それができるのが海外のマルチカレンシー口座である。

光がみえた

 

 

 

 

 

 

 

 
日本財政破綻・預金封鎖に対応せよ!⇒海外に資産を持て!

日本は過去に二度も財政破綻をしていることをご存じだろうか。

日本は世界一の借金大国であり、現在の税収では赤字が拡大していく一方だ。

現代を生きる若者からは、ありえないという声が聞こえてきそうだが、、ありえる話だ。

 

日本の銀行に預けている預金が、凍結され引出しができなくなることはありえる。

日本の借金は、1,000兆円を超えている。それが普通だとでも? はっきりいって異常以外のなにものでもない。

国家破綻・預金封鎖は、何も日本だけじゃなく世界中で今も進行形で起こり続けている。

ロシア、アルゼンチン、ジンバブエ、アイスランド、キプロス、ギリシア、韓国、

ネットで検索してみると、札束抱えてパン1個を買いに行く姿等、悲惨な状況が写しだされている。。。

 

悪いことはいわない。 自分の住んでいる国家の外に外貨資産を保有すべきなのだ。

自分で自分の資産を子供の代まで守り抜け!

吸い込まれる~

 

 

 

 

 

 

 

 

通貨の分散をすることができる!

香港は金利自体は大したことないが、

1つの銀行口座で、各国の主要通貨12種類を一気に管理することができるのだ。

為替をみて、自分の好きなタイミングでネットバンキングで口座内のお金であればいくらでも通貨を替えることができるのだ。

 

さらには、、、

 

 

 

高い利回りの金融商品に手が届く!

日本ではありえない。比べたら超高利回りの金融商品を閲覧でき自分で選んで選択することもできる。

日本にいながら、インターネットバンキングで容易にみて買うことができるのだ。

オフショアの税制的なメリットを享受し、複利の効果を期待した運用を主体として高利回りを狙えるわけだ。

※日本に居住している限り海外での配当にも、自己申告義務はある!これは頭にいれて忘れることなくした方がよい。

宝箱

 

 

 

 

 

 

 

 

どうだろう?少しは海外に口座が必要な理由が伝わったかな。

 

このようなことをお金持ちは常に考え、お金持ちになりたい人も

賢い人も、気づいた人も皆、海外の銀行口座を持っておくということを実行している。